NEW!
ブンデス&Jリーグを完全収録♪
PS3版ウイニングイレブン2012
完全修正データ販売開始


Jリーグディビジョン2

2011.12.03更新

2011年シーズン順位表
(全日程終了)

順位.チーム名
勝ち・引き分け・負け(勝ち点)
得点・失点・得失点差

1位.FC東京
23勝08分07敗(77)
得67失22差+45


2位.鳥栖
19勝12分07敗(69)
得68失34差+34

3位.札幌
21勝05分12敗(68)
得49失32差+17


4位.徳島
19勝08分11敗(65)
得51失38差+13

5位.東京V
16勝11分11敗(59)
得69失45差+24

6位.千葉
16勝10分12敗(58)
得46失39差+07

7位.京都
17勝07分14敗(58)
得50失45差+05

8位.北九州
16勝10分12敗(58)
得45失46差-01

9位.草津
16勝09分13敗(57)
得51失51差+00

10位.栃木
15勝11分12敗(56)
得44失39差+05

11位.熊本
13勝12分13敗(51)
得33失44差-11

12位.大分
12勝14分12敗(50)
得42失45差-03

13位.岡山
13勝09分16敗(48)
得43失58差-15

14位.湘南
12勝10分16敗(46)
得46失48差-02

15位.愛媛
10勝14分14敗(44)
得44失54差-10

16位.富山
11勝10分17敗(43)
得36失53差-17

17位.水戸
11勝09分18敗(42)
得40失49差-09

18位.横浜FC
11勝08分19敗(41)
得40失54差-14

19位.鳥取
08勝07分23敗(31)
得36失60差-24

20位.岐阜
06勝06分26敗(24)
得39失83差-44

…リーグ優勝&J1昇格
…J1昇格

得点ランキングベスト20

順位.名前(チーム)得点

1.豊田陽平(鳥栖)23
2.阿部拓馬(東京V)16
3.深井正樹(千葉)14
3.齋藤学(愛媛)14
5.内村圭宏(札幌)12
5.リカルト・ロボ(栃木)12
7.森島康仁(大分)11
8.早坂良太(鳥栖)10
8.ロベルト・セザー(FC東京)10
8.池元友樹(北九州)10
8.久保裕也(京都)10
12.ルーカス(FC東京)9
12.佐藤晃大(徳島)9
12.林祐征(北九州)9
12.マラニョン(東京V)9
12.アレックス(草津)9
12.高山薫(湘南)9
12.黒部光昭(富山)9
12.カイオ(横浜FC)9
12.押谷祐樹(岐阜)9
12.実信憲明(鳥取)9

アシストランキングベスト20

順位.名前(チーム)アシスト数

1.谷澤達也(FC東京)12
2.菊岡拓朗(東京V)10
3.藤田直之(鳥栖)9
3.砂川誠(札幌)9
5.河野広貴(東京V)8
5.ストヤノフ(岡山)8
7.森村昂太(北九州)7
7.齋藤学(愛媛)7
7.熊林親吾(草津)7
7.宮沢正史(大分)7
11.豊田陽平(鳥栖)6
11.アジエル(湘南)6
11.大山俊輔(愛媛)6
11.小井手翔太(鳥取)6
11.磯崎敬太(鳥取)6
16.國吉貴博(鳥栖)5
16.衛藤裕(徳島)5
16.マラニョン(東京V)5
16.水沼宏太(栃木)5
16.武富孝介(熊本)5
16.永田拓也(草津)5
16.中山博貴(京都)5
16.小林優希(岡山)5
16.ソ・ヨンドク(富山)5
16.大西容平(富山)5
16.村田翔(水戸)5

リーグガイド

『Jリーグディビジョン2』

試合方法:
J2は20チームによる2回戦総当たりのリーグ戦(ホーム&アウェー方式)で開催。(全38節、全380試合)

開催期間:
2011年3月5日(土)〜2011年12月3日(土)

試合会場:
原則として各チームのホームスタジアム

順位決定方式:
J2の勝ち点は、勝ち=3、引き分け=1、負け=0で、勝ち点の多い順に順位決定。全日程が終了した時点で、勝ち点合計の多いチームを上位とし、順位を決定。ただし、勝ち点が同じ場合は以下の順によって順位を決定する。
1.得失点差
2.総得点数
3.当該チーム間の対戦成績(A.勝ち点、B.得失点差、C.総得点数)
上記3つでも並んだ場合はJ1自動昇格チームの決定など、理事会が必要と判断した場合のみ当該チームによる抽選によって順位を決定する。

試合エントリー:
1チーム18名以内で、外国籍選手は3名まで。ただし、アジア連盟(AFC)加盟国選手は1名に限りエントリー可能。

選手交代:
試合中の選手交代は3人まで。

累積警告:
イエローカード累積4枚で次節1試合に出場停止。

昇格:
J1年間順位の下位3チーム(16、17、18位)はJ2に自動降格。J2年間順位の上位3チーム(1、2、3位)はJ1に自動昇格。

過去の優勝チーム

2010
優勝:
柏レイソル
2位:
ヴァンフォーレ甲府
3位:
アビスパ福岡
2009
優勝:
ベガルタ仙台
2位:
セレッソ大阪
3位:
湘南ベルマーレ
2008
優勝:
サンフレッチェ広島
2位:
モンテディオ山形
2007
優勝:
コンサドーレ札幌
2位:
東京ヴェルディ
2006
優勝:
横浜FC
2位:
柏レイソル
2005
優勝:
京都パープルサンガ
2位:
アビスパ福岡
2004
優勝:
川崎フロンターレ
2位:
大宮アルディージャ
2003
優勝:
アルビレックス新潟
2位:
サンフレッチェ広島
2002
優勝:
大分トリニータ
2位:
セレッソ大阪
2001
優勝:
京都パープルサンガ
2位:
ベガルタ仙台
2000
優勝:
コンサドーレ札幌
2位:
浦和レッドダイヤモンズ
1999
優勝:
川崎フロンターレ
2位:
FC東京

2010年シーズン順位表
2009年シーズン順位表
2008年シーズン順位表
2007年シーズン順位表
2006年シーズン順位表

日本の超サッカー情報
TOP PAGE