全試合のハイライト動画をHD画質で完全無料公開中!!PS4版ウイイレ2020に神データ降臨★
PS4版ウイイレ2020完全修正データ

本日の超最新情報
2020年7月29日(水)

INDEX(目次)

3連勝
明治安田生命J2第8節結果

山形0−0千葉
水戸2−2甲府
群馬0−1栃木
東京V1−1新潟
松本0−2町田
金沢0−1大宮
岡山1−1京都
山口1−2長崎
福岡1−1愛媛
北九州2−0徳島
琉球2−2磐田

唯一無敗の首位長崎は米田隼也(後半37分)の決勝ミドル弾で競り勝って3連勝!2位大宮はシュート15本を浴びながら翁長聖(前半7分)の決勝点で辛勝して2連勝、4位福岡は三國ケネディエブスの同点弾で追い付いて引き分けて3位浮上、9位北九州はディサロ燦シルヴァーノの先制弾などで3位徳島を下して5位浮上、完封負けの徳島は4位後退!

明治安田生命J3第7節結果

八戸2−2長野
沼津1−2岩手
秋田3−1相模原
YS横浜2−1福島
富山3−0藤枝
熊本1−1鳥取
鹿児島0−4岐阜
G大阪U−23 0−2今治
C大阪U−23 1−1讃岐

Jリーグで唯一の全勝の首位秋田は中村亮太のゴールなどで快勝して怒涛の開幕7連勝!2位熊本vs3位鳥取の上位対決は田口裕也の同点弾で鳥取が追い付くも、鳥取の連勝は4でストップ!

国立開催
日本サッカー協会は第100回天皇杯全日本選手権大会の決勝(来年1月1日)を国立競技場で開催すると発表!国立開催は6年ぶりに同競技場に舞台を戻した第99回大会に続き2年連続。1回戦(9月16日)から3回戦(10月28日)の組み合わせも決定し、前回8強のJFL王者のHonda FCは東海地区2回戦で静岡県代表と対戦!J2、J3勢は準々決勝、J1勢は準決勝から登場。

選出
Jリーグは今季の月間表彰として最優秀選手(MVP)、ベストゴール、優秀監督賞を昨年に引き続き、J1〜J3の各リーグから選出すると発表!新型コロナウイルス感染拡大の影響でリーグが中断したため、最初はJ1が2、7月、J2が2、6、7月、J3は7月の試合が対象で、その後は各リーグとも12月までの各月に実施。

オファー殺到
スペインリーガエスパニョーラ、レアル・マドリードに所属する日本代表MF久保建英(19)に獲得オファーが殺到!来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権を獲得している同リーグのセビージャが有力だが、同リーグのレアル・ソシエダ、ベティス、グラナダ、ビジャレアル、スペイン以外ではパリ・サンジェルマン(フランス)やアヤックス(オランダ)などが期限付き移籍での獲得に名乗り。

レンタル
J2の東京VのU−20日本代表MF藤本寛也(21)が、ポルトガルプリメイラリーガのジル・ヴィセンテに1年間の期限付き移籍!完全移籍のオプション付きで、8月8日の琉球戦が東京Vでの最終戦。

揃って白星
イタリアセリエA第37節結果

インテル2−0ナポリ
パルマ1−2アタランタ

2位インテルはダンブロジオの先制弾などで快勝、3位アタランタもアレハンドロ・ゴメスの決勝点で逆転勝ちして17試合無敗!勝ち点1差の2位争いは、8月1日の最終節の直接対決で決着!

コロナ陽性
スペインリーガエスパニョーラのレアル・マドリードは、ドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアス(26)が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表!ディアスは2週間は自宅で自主隔離となるため、8月7日の欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦の敵地でのマンチェスター・シティ(イングランド)戦は欠場。


本文

3連勝
明治安田生命J2第8節結果

山形0−0千葉
(NDスタ)
水戸2−2甲府
(Ksスタ)
群馬0−1栃木
(正田スタ)
東京V1−1新潟
(味スタ)
松本0−2町田
(サンアル)
金沢0−1大宮
(石川西部)
岡山1−1京都
(Cスタ)
山口1−2長崎
(みらスタ)
福岡1−1愛媛
(ベススタ)
北九州2−0徳島
(ミクスタ)
琉球2−2磐田
(タピスタ)

 明治安田生命J2リーグは29日、各地で第8節の全11試合が行われ、長崎が山口に2−1で競り勝ち、勝ち点22で首位を守った。
 2位大宮は金沢を1−0で下して勝ち点18。福岡は愛媛と1−1で引き分けて同14の3位に浮上した。同13で5チームが並び、4位から得失点差などで徳島、北九州、新潟、町田、甲府の順となった。

【京都はまた内弁慶】
 J2京都は敵地で岡山と1−1で引き分けた。1点を追う後半4分にDF安藤淳(35)が同点ヘッド。順位は9位に後退した。2試合連続勝ち星なしで“内弁慶”は払拭できなかった。何度もチャンスを作り、後半4分に安藤が右CKから同点ヘッドを奪ったが逆転には至らず。敵地では今季3分け2敗となり、安藤は「勝たないといけなかった。きょうのような試合をしていたら優勝できない」と唇をかんだ。次戦は今季3戦3勝のホームで町田戦。上位に食らいつくためには勝利が求められ、実好監督は「勝ち点3を取ります」と強い決意を示した。

明治安田生命J3第7節結果

八戸2−2長野
(プラスタ)
沼津1−2岩手
(愛鷹)
秋田3−1相模原
(ソユスタ)
YS横浜2−1福島
(ニッパツ)
富山3−0藤枝
(富山)
熊本1−1鳥取
(えがおS)
鹿児島0−4岐阜
(白波スタ)
G大阪U−23 0−2今治
(パナスタ)
C大阪U−23 1−1讃岐
(ヤンマー)

 明治安田生命J3第7節は29日、ソユースタジアムなどで全9試合が行われ、首位秋田は相模原に3−1で快勝し、開幕からの連勝を7とした。2位で並ぶ熊本と鳥取は1−1で引き分け、ともに勝ち点16。岐阜は鹿児島に完勝し、同14で4位に浮上した。

【C大阪U−23の丸山監督「思いを持ってやってくれた」】
 C大阪U―23の新体制初戦は引き分けに終わった。前日28日に村田一弘監督の退任と丸山良明新監督の就任が発表された中、迎えたJ3第7節讃岐戦。5分にGK安俊洙(アンジュンス)がボールをカットされて先制点を献上する苦しい立ち上がりとなった。
 同15分にFW藤尾がGKとの1対1を迎えるも、かわすことができずチャンスを逃す。DF田平が負傷退場するハプニングがありながら、それでも攻勢を強め、後半16分に連動した攻撃からPKを獲得。これを藤尾が冷静に決め、自身にとって今季3得点目で同点に追いついた。
 その後は主導権を握り決定機を作ったが、1―1のままタイムアップ。今季2勝目を逃した。初采配となった丸山監督は「いろいろな状況があって難しいシチュエーションだったけど、選手たちはいろんな思いを持ってやってくれた」と振り返った。

明治安田生命J1第8節日程

8月1日()
18:00
仙台vs横浜M
(ユアスタ)
18:00
横浜FCvs広島
(ニッパツ)
18:00
名古屋vs柏
(豊田ス)
19:00
浦和vs清水
(埼玉)
19:00
FC東京vs鳥栖
(味スタ)
19:00
湘南vsC大阪
(BMWス)
19:00
G大阪vs川崎
(パナスタ)
19:00
大分vs鹿島
(昭和電ド)
8月2日(日)
14:00
札幌vs神戸
(札幌ド)

明治安田生命J2第9節日程

8月1日()
19:00
岡山vs琉球
(Cスタ)
8月2日()
18:00
栃木vs新潟
(栃木グ)
18:00
甲府vs山口
(中銀スタ)
18:00
松本vs北九州
(サンアル)
18:00
長崎vs東京V
(トラスタ)
18:30
京都vs町田
(サンガS)
19:00
水戸vs金沢
(Ksスタ)
19:00
大宮vs福岡
(NACK)
19:00
千葉vs群馬
(フクアリ)
19:00
徳島vs山形
(鳴門大塚)
19:00
愛媛vs磐田
(ニンスタ)

明治安田生命J3第8節日程

8月2日()
15:00
岩手vsC大阪U−23
(北上)
16:00
今治vs八戸
(夢スタ)
17:00
YS横浜vs秋田
(ニッパツ)
17:00
相模原vs鹿児島
(ギオンス)
17:00
藤枝vs岐阜
(藤枝サ)
18:00
長野vsG大阪U−23
(長野U)
18:00
讃岐vs沼津
(ピカスタ)
18:00
熊本vs福島
(えがおS)
19:00
鳥取vs富山
(Axis)

←INDEX

国立開催
 日本サッカー協会は29日、第100回天皇杯全日本選手権大会の決勝(来年1月1日)を国立競技場で行うと発表した。国立競技場での開催は、6年ぶりに同競技場に舞台を戻した第99回大会に続き2年連続となる。
 1回戦(9月16日)から3回戦(10月28日)の組み合わせも決定。全国8地区に分かれて争い、昨年度に8強入りした日本フットボールリーグ(JFL)のHonda FCは、東海地区2回戦で静岡県代表と対戦する。
 新型コロナウイルスの影響により、J2、J3勢は準々決勝、J1勢は準決勝からの登場となる。

←INDEX

選出
 Jリーグは28日、今季の月間表彰として最優秀選手(MVP)、ベストゴール、優秀監督賞を昨年に引き続き、J1〜J3の各リーグから選出すると発表した。月間MVPについては、コナミデジタルエンタテインメントがスポンサーとなる。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響でリーグが中断したため、最初はJ1が2、7月、J2が2、6、7月、J3は7月の試合が対象。その後は各リーグとも12月までの各月に実施される。

←INDEX

オファー殺到
 スペインリーガエスパニョーラのレアル・マドリードに所属する日本代表MF久保建英(19)が来季どのチームでプレーするかを巡り、多くの情報が飛び交っている。28日までの報道によれば、スペインではレアル・ソシエダ、ベティス、グラナダ、ビジャレアル、スペイン以外ではパリ・サンジェルマン(フランス)、アヤックス(オランダ)などが期限付き移籍での獲得を望んでいるという。
 中でも、ここ数日で有力候補に浮上したのはセビージャだ。地元紙によれば、久保は欧州カップ戦に出場できるスペインのクラブを希望しており、来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権を獲得しているセビージャはその条件を満たす。セビージャは1年以上の期限付き移籍に買い取りオプションを付けた条件での獲得を目指しているようだ。
 久保は今季、期限付き移籍したマジョルカでプレー。マジョルカは来季、2部に降格する。

←INDEX

レンタル
 J2の東京VのU−20日本代表MF藤本寛也(21)がポルトガルプリメイラリーガのジル・ヴィセンテに移籍することが29日、関係者の話で分かった。1シーズンの期限付きで、完全移籍に移行するオプション付き。8月8日の琉球戦が東京Vでの最終戦となる見通し。
 山梨県出身の藤本は下部組織から2018年にトップチームに昇格。左足のパスが持ち味で、3年目の今季は主将を務める。各年代で日本代表に選ばれ、昨年のU−20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場した。
 ジル・ヴィセンテは今季リーグ戦で10位だった。

←INDEX

揃って白星
イタリアセリエA第37節結果

インテル2−0ナポリ

ハイライト動画
(You Tube)


パルマ1−2アタランタ

ハイライト動画
(You Tube)


 イタリアセリエAは28日、第37節の2試合を行い、3位アタランタは敵地でパルマを2─1で下し、リーグ戦17試合無敗とした。
 アタランタは前半に先制点を許したものの、後半25分にルスラン・マリノフスキが同点ゴールを決めると、同39分にアレハンドロ・ゴメスが決勝点を奪った。
 アタランタはこの日の2ゴールで今季通算得点を98に伸ばし、8月1日のインテルとの最終戦で100の大台を目指す。達成すれば、1950─51シーズンのミラン、インテル、ユヴェントスの3チーム以来となる。
 2位インテルはホームでナポリを2─0で制した。前半にダニーロ・ダンブロージオがネットを揺らすと、後半にラウタロ・マルティネスが加点した。
 この結果、2位インテルは勝ち点79、3位アタランタは同78とし、2位を巡る戦いは最終戦での直接対決に持ち越された。

←INDEX

コロナ陽性
 スペインリーガエスパニョーラのレアル・マドリードは28日、ドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアス(26)が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことを発表した。
 レアルは声明の中で、検査が27日に行われ、ディアスは「完全な健康状態」にあるものの、自宅で自主隔離となる見通しと説明した。
 レアルは国内リーグで優勝を決めており、来週行われる欧州チャンピオンズリーグではマンチェスター・シティとのベスト16まで勝ち上がっている。第1戦では1─2で敗れており、第2戦は8月8日に敵地で行われる。
 英国はスペインからの渡航者に対し、14日間の検疫を課しているが、同国メディアによるとプロスポーツチームは免除される見通し。

←INDEX


日本の超サッカー情報